感染状況

淋病の感染状況は近年増加傾向にあります。90年代前半は、エイズパニックでコンドームの使用率が上がり、それにつれて淋病を含むその他各種の性病は減少傾向をたどりました。ですが、最近の性に対する様々ニュースを見れば想像できるともいますが、性の解放というかモラルの崩壊というかなんとも形容しがたい社会になってますね。

統計データは下記です。
淋菌感染症発生動向(国立感染症研究所感染症情報センターより引用)
横浜市感染症発生動向調査における淋菌感染症の男性患者の年齢分布(2000年)(横浜市衛生研究所ホームページより引用)

みなくても分かる通りに若者に感染者数が多いです。これは仕方が無いといえばそうかもしれませんが、性知識の無さも手伝っているのではないのでしょうか。

性病の全般についてまとめたサイトはこちらの性病検査隊になります。

性病に関する荒祐る情報を提供。特に性病の種類(淋病、クラミジア、エイズ、梅毒、他多数)、検査方法、性病の豆知識など、多数の情報を掲載しています。

性病検査隊

トップページへ戻る

 
Copyright 2006- All Rights Reserved