淋病の耐性菌

近年、病気の特効薬の開発が進んである程度の性病はほとんど治療が可能になってきています。昔では、淋病は不治の病とされ猛威を振るっていましたが、ペニシリンの発明によって治療可能な病気となりました。

ですが、治療薬が開発されているのに直らないケースも出てきています。淋病は一昔だとペニシリンを投与すれば、完治していたのに最近ではペニシリンに耐性をもつ淋菌が現れて治療が困難になるケースが出てきています。

それならと、新しくキノロン系の抗生物質の治療法が確立されてペニシリンに耐性をもった淋菌を治療できるようになりましたが、このキノロン系にも耐性をもつ淋菌が増えてきています。

ちょっとした、いたちごっこの状態になっていますが、淋菌にしたら生存するための遺伝子変更ですので致し方ないかもしれません。医療関係者は淋菌の生存能力を超えて撲滅していくのが使命でしょうか。

耐性菌ができるメカニズムは、中途半端な治療によるケースや治療中の飲酒によって、耐性菌を作ってしまいます。症状が表に出てこなくなっても、体内に淋菌が潜んでいて治療薬を飲まなくなってまた症状がぶり返した、薬の飲み忘れなどで、その薬に耐性を持った淋菌が体内で増殖していきます。飲酒での耐性菌生成は、体内にお酒が入ると血中濃度を下げて抗生物質の効き目を失くしてしまい抗生物質の存在を細菌に教えてるような状態を体内に作ります。それで、薬を飲み続けているのに抗生物質が効かなくなり、別の薬を使用しなければ直らなくなる場合が出てきます。

現在の日本の現状は先進諸国は云うに及ばず、発展途上国にすら馬鹿にされるほど淋病感染者がいます。これもひとえに耐性菌が拡散していることが原因ですが、耐性菌は治療を怠たる日本人が多いから増えるので、医療機関の方はなんとも言いがたい状態なんでしょうか。

性病の全般についてまとめたサイトはこちらの性病検査隊になります。

性病に関する荒祐る情報を提供。特に性病の種類(淋病、クラミジア、エイズ、梅毒、他多数)、検査方法、性病の豆知識など、多数の情報を掲載しています。

性病検査隊

トップページへ戻る

 
Copyright 2006- All Rights Reserved