感染経路

淋菌は、体温と同じ温度ぐらいでしか生きられないため、体外へでたら数時間で死滅してしまいますので、性行為以外での感染はほとんどみられません。性行為以外でしたら母子感染ぐらいですが病院では出産前に検査をしますので母子感染も近年では稀ですね。それと、感染者の使用物からの感染はありません。

最近増えてるパターンとして、淋病は喉の粘膜にも感染しやすくオーラルセックスにて感染するケースが散見されるみたいです。特にコンドームを使用しているのに感染した場合は、ほぼオーラルセックスが原因ですね。

性病の全般についてまとめたサイトはこちらの性病検査隊になります。

性病に関する荒祐る情報を提供。特に性病の種類(淋病、クラミジア、エイズ、梅毒、他多数)、検査方法、性病の豆知識など、多数の情報を掲載しています。

性病検査隊

トップページへ戻る

 
Copyright 2006- All Rights Reserved