淋病の症状

淋病の症状は、
感染してからの潜伏期間は、3~7日で急激に症状を表してきます。男性の場合は、尿道炎、尿道から黄色い膿がでたり、排尿時に激しい痛みを伴います。放置していると、前立腺炎など重症になることもあり自己治癒はありません。
女性の場合は、子宮頚管炎を起こしたり、排尿時に痛みを伴います。男性に比べて自覚症状が軽いためわかりづらい初期症状となってます。淋病を放置しておくと子宮頚管炎が悪化して、子宮内から卵管内へと広がり、不妊症の原因となる場合もあります。それと女性の場合、症状が表れないケースが半数以上あり、パートナーに症状が表れて感染していることがままあります。
最近では、オーラルセックスの広がりにより軽度の咽頭痛、咽頭の発赤などの淋菌性口内炎が症状としてあらわれる場合もあります。

淋病は他の性病に比べて男性の場合、自覚症状がはっきりとでやすいため感染しているか自己判断がつきやすく、しかも、症状が感染から数日ででるため感染源の特定も容易なのに撲滅されずにいまだにしぶとく生き残ってるのは不思議です。

性病の全般についてまとめたサイトはこちらの性病検査隊になります。

性病に関する荒祐る情報を提供。特に性病の種類(淋病、クラミジア、エイズ、梅毒、他多数)、検査方法、性病の豆知識など、多数の情報を掲載しています。

性病検査隊

トップページへ戻る

 
Copyright 2006- All Rights Reserved